2022年4月18日月曜日

gforth 0.7.9_20220310


 https://gforth.org/ の Bleeding Edge snapshot を make してみた。

$ gforth

Gforth 0.7.9_20220310

Authors: Anton Ertl, Bernd Paysan, Jens Wilke et al., for more type `authors'

Copyright © 2022 Free Software Foundation, Inc.

License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>

Gforth comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY; for details type `license'

Type `help' for basic help

include fib.fs  ok

10 fib  ok 1

. 55  ok

see fib 

: FIB  #0 #1 

  rot #0 

  ?do    over + swap 

  loop

  drop ; ok


ただ、すぐ上のように動いたのではない。はじめ、 make 途中でエラーになってしまったため、原因と思われた Makefile の一部を修正した。               ( unix/stat.fs を unix/filestat.fs ) 

gforth-0.7.9_20220310$ grep stat.fs Makefile
unix/serial.fs unix/filestat.fs unix/libc.fs unix/time.fs
LIBCC_GEN_SRC = unix/stat.fs $(patsubst %, unix/%, $(SWIGMODULES))
とりあえずは、これで動いている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...