2020年12月30日水曜日

2020のしめくくりにダーウィン研究書を読み考えた

 印刷物は社会や文化のなかでの生き物のようだ。寿命が短いものがあって、

すぐ絶版になり絶滅してしまう。

古書をさがして読み、想像していた発見があると喜びがわいてくる。

ダーウィンについては多くの研究者によって研究書がでている。

自然淘汰という言葉はだれでも知っていても、ダーウィンという英国の紳士階級ではあるが、一流とまではいかない一族のなかで育ち、これだけ有名になったにもかかわらず、ダーウィンの情熱の原点というか出発点が、奴隷制への反発にあったことはあまり理解されていない。

ビーグル号航海中に、艦長が奴隷は現状に満足しているというのに対して、

奴隷本人が本心を言うわけないでしょう!と食ってかかったことなど

ダーウィンの怒りが爆発したことがあった事実を知り、

ダーウィンとリンカーンがまったく同時代(= 1809年2月12日生まれ)ということに気が付くと、いろいろなことの意味を考えてしまった。



0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...