2021年1月24日日曜日

日本語キーボードを英語配列にし、BackSpace の左もBackSpaceにして使う - Linuxの場合

 日本語キーボードの場合は、BackSpace キーの左には「縦棒・¥・下線キー」がある。

一般に Linux  でこの日本語配列のキーボードを英語 (US) 配列キーボードとして使うことはできるが、そのときはキーキャップの刻印された文字ではなく、入力される文字は US キーボード配列とみなされたときの文字がインプットされる。特に記号は JIS と US で異なる。

しかし、US 配列になじんでしまっていると 日本語配列キーボードも英語キーボードのつもりでつかっていることが多い。

このとき、たいていは BackSpaceの左のキーが無反応になってしまう。それでも別にかまわないのだが、US keyboard はちょっと Backspace が左にながくなっていてキーふたつを占領している。(縦棒、¥ は、英語キーでは「む」キー、下線は Shift +「ほ」なので問題はない)

Linux の コマンド、 xev と xmodmap を組み合わせて、「縦棒・¥・下線キー」に BackSpace 機能をもたせてしまって英語キーのように、BackSpace を広げて使うことができる。


(1)   BackSpace のキーコードを確認する。

$ xev 

xev を起動して、BackSpaceを押すと、3行目につぎのように表示される。

state 0x10, keycord 22 (keysym 0xff08,  BackSpace), same-screen YES

(2)   次に「縦棒・¥・下線キー」のキーコードを確認する。

3行目につぎのように表示される。

state 0x10, keycode 132 (keysym 0x0, NoSymbol), same-screen YES

(3) xmodmap を使って、「縦棒・¥・下線キー」のキーコードをBackSpaceにする。

$ xmodmap  -e  "keycode 132=BackSpace"

これで日本語キーボードを英語キーボードとして使うときの無駄打ちがすこしなくなるかも。


ただ、リブートするとこの設定は消えてしまうので、

xmodmap   -pke  >~/.Xmodmap

などとして保存することができる。

そのあと、

.xinitrc  に

xmodmap  .Xmodmap 

など。

 個人的には、めんどうだけど、あまり一般的でない設定をやったときは、

それは、システムの環境におぼえこませず、

毎回、自分でおなじことをコマンドで打つスタイルが好みです。

$ xmodmap   -e   "keycode 132=BackSpace"

時々、打ち間違えたりすると、それもいいです。人間のくせがわかるので。自分は人間なんだなと。苦笑  マシンではないと。








0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...