2020年12月20日日曜日

土星、木星が接近して見えるか?お天気が…… さらに、曜日の起源に思いを込めて

 どうもむずかしそうだ。


クリスマスあたりで木星と土星が大接近するのは、1623年以来の出来事だけども。


曜日の起源のひとつに、天動説と惑星の動きがある。

地球から遠い (= すなわち角速度が遅い) 順に天体を並べたものは次のようであった。逆にならべると地球に見かけが近い天体の順になる。これは天動説にもとづく考え方。

土星  木星  火星  太陽  金星  水星 

1日は、古代バビロニアですでに24の時間に刻まれていた。この7つの天体の動きと時間、
これが曜日の起源になる。7つの天体が順に、その1日 (=24時間)を時間単位で支配すると考えられていた。すると、24を7で割り算をおこなうと、3の剰余がでる。したがって、土星が支配する日の翌日は、太陽の支配からはじまることになる。さらに太陽が支配してはじまった日の翌日は、月の支配からはじまる。

24時間を7つの星で割ると、3周回し、3つ余る。

24 = 3 × 7  +  3

したがって、土星がはじまりを支配する 一日目の次、二日目は太陽の支配からはじまることになる。


1日目

     1         2         3          4         5          6         7         8          9       10         11        12    
土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月、土星、木星、火星、太陽、金星

    13    14       15        16        17       18         19       20       21     22         23        24
水星、月、土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月、土星、木星、火星


2日目

    1         2          3      ...       24
太陽    金星    水星   ...     水星


3日目

   1          2          3      ...
 月       土星    木星   ...

...

途中省略したが、きちんと表にすると、1日目は「土」、2日目は「太陽=日」、3日目は「月」となって、土日月火水木金が完成する。


0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...