2021年11月15日月曜日

11月24日が近づいてきた

 この日のことを思い出すのはデデキントが

……それと同時に連続性の本質についての真の定義を獲得した…… このことに私は1858年11月24日に成功した。

と序文に書いた30ページの小冊子『連続性と無理数』1872を読んでからのことだ。

最初に読んでからはずいぶん日が経過した。はじめてのときはたぶん中学生だったのでまったくその本質を見抜けなかったとおもう。なんかあやふやだった。いま思えばよく読んだものだ、たまたま旧制高等女学校のあとを継いだ中学で図書館の蔵書がそのまま残されていたお陰だったのかもしれない。

そういえば、1872年からもう150年も、いや150年しか経っていないというべきかもしれない。

それにしても、切断の発想から、『連続性と無理数』を出版するまでには14年間があったのだ。

1858年、日本の暦では安政五年にあたる。日米修好通商条約が調印され、翌年の安政六年は安政の大獄がおきた。

ちょうど、その頃にデデキントが無限と切断のことを思いついたのだった。


0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...