2020年6月20日土曜日

接触確認アプリを試行中

新型コロナウイルスの感染状況を確認するための「接触確認アプリ」が厚生労働省から公式にアプリとしてリリースされた。

昨日、19日金曜日の午後3時頃にリリースされると厚労省からアナウンスがあったので、3時ちょうどにアンドロイドのスマホ (Pixel 3, Android 10) を使ってグーグルプレイで検索するとでてこない。あれ? と思い検索キーをいろいろ変えてもだめだった。

iOS では、どうもできそうだったのだが、手元には iPhone がもうないので、ソースの開発元になっていると思われる GitHub を見ながら、厚労省のページを見ていると、「アンドロイドはしばらくお待ちください」の意味のことが注意書きに掲載されていた。

夕食をとってから、グーグルプレイでダウンロードすることができた。

「感染者との接触」はもちろん出てこない。

知人にも報せて、iPhoneでも iOS 13.5 以上にするとインストールすることができたようだった。

ただ、ネットの掲示板にもあるように、陽性情報の登録で勝手に適当な番号を入れても「完了」しましたになってしまうようだった。

ちょっと適当にやってみようかと一瞬イタズラ心が動いたけど、どこかに記録されるのはいやなので、やめた。

厚労省の HER-SYS から発行された処理番号かどうかが、どうやらチェックされていないようだ。 







HER-SYS については、厚労省のページを参照すると。






0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...