2020年3月30日月曜日

Adam Spencer「WORLD of Numbers」2015

扉をひらくと,数字が地球の周りを取り巻いている.

73億

         196

35億


6371キロメートル


14%






さて,これらは何の数字だろうか?

73億は,出版時の世界の人口.いまはもう昨年77億を突破してるから78億が近いかな?

196は,当時の国の数.


35億年,これはちょっとむずかしい.

化石になったバクテリアの年齢,オーストラリアで発見されたもの.

6371㎞は,地球の中心までの平均距離.

14%は,ちょっと想像がつかないが,
地球の生物種のうち名前が付けられた種の推測パーセンテージだという.
ということは,まだ86%はよくわからない種がいるということか.

近所にも謎の生物がいるのだろうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...