2021年2月4日木曜日

『西遊記』第十九回 素食(精進料理)と八戒のいわれ


 猪八戒の名でよばれるが、観音さまにいただいた名前は豬悟能だった。

その法名に、もうひとつ八戒と名前をつけたのは三蔵であった。

そのわけは、次の通り。

豬悟能が三蔵のおともをすることになり、これまで五葷・三厭を断ちなまぐさものを食べていなかったが、精進明けをしたいと三蔵に願うと、

「それはならぬ、五葷・三厭を口にしなかったというなら、もうひとつ八戒という名をやろう」

ということになったからが、そのわけである。

五葷については、「葷菜」などを参照してください。仏教と道教では異なるものもあるが、臭いのつよい植物。三厭は、鳥獣魚など動物すべて。

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...