2021年8月14日土曜日

疫病と野生の生き物たち

 近くに大きな川があり、それへと流入する支流が複数ある。どちらも石手川と重信川につながっている。

古い江戸時代の図面と昭和になってからの航空写真をながめてみれば、このあたり一面はもともと川があふれたときの遊水地のようで、それから田圃になり宅地へと、土地柄の変遷がうかがえる。

その土地柄のせいか、野生のクロ鷺や亀、木にはカラスをよく見かける。鯉もたくさんいるが、これはあとから繁殖させたもののよう。

COVID-19がはやってから、ヘビ、ネズミ、大量のセミを家のまわりでみかけるようになってしまった。近所ではハクビシン目撃も聞いたが真偽不明。

逆にいなくなったのは猫たちだ。飼い猫や犬は別にして、野良猫をみかけなくなった。




0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...