2020年10月14日水曜日

過去の伝染病を少しまとめてリンクしてみようと思った


1607-35_Pesttafel_Augsburg_anagoria.JPG


2020年10月13日に世界中で Covid-19の感染者はもう3780万人を超えている。ジョンソン&ジョンソンはワクチンの最終段階のテストを、ボランティアのひとりが unexplained illness になったことにより中断したとのニュースもあった。トランプ大統領の治療とその結果もどうなんだろう。いろいろよくわからない。

過去の伝染病について地域単位、複数の国々での記録はどうなっているのか関心を持つ人々が多くなったせいか出版物も増えてきた。ある意味貴重な時期だから自分も勉強してみようと思う。


まずペストから


ユスティニアヌスのペスト、Plague of Justinian (541 - 549AD)

東ローマ帝国、ビザンツ帝国の皇帝であったユスティニアヌス一世の名前がつけられたペスト。

ペスト (pest) はドイツ語、Plague は英語。

別名、黒死病 (Black Death) は、皮膚が内出血で黒くなってしまうことから名前がつけられた。ドイツ語は調べると Schwarzer Tod だった。シュバルツは黒。黒い森とかドイツ人から聞いたことを思いだした。



中世の黒死病 / 腺ペスト、 Black Death/Bubonic Plague (1347 - 1351)

感染したネズミ → 吸血したノミ に刺されると、リンパ節が腋、鼠蹊部で腫れる。


17世紀ロンドンのペスト大流行、Great Plague of London  (1665 - 1666)


コレラ、 Cholera (1817 - 1923)


天然痘、Smallpox (18世紀から現代)



エピデミックの一覧表、List of epidemics が Wikipedia にあった。






0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...