2021年7月2日金曜日

自然は人のうごきというか活動状況をよくわかってるにちがいない

 というか、人も自然の一部にしかすぎないから、自然がなにかうごきはじめた??

しばらく前からカエルが鳴かなくなったとおもっていたら、

ヘビをよく目撃する。

この前は、玄関の鉢植えにとぐろを巻いて、しっぽは外にでていたので気付いた。

昨日は、裏口のところにしっぽが見えた。すぐ逃げたので行方不明。

カエルは、ヘビに呑まれたかな?


もともとこのあたりは、遊水池らしい。

ショッピングセンターのあたりが池の中心だったらしいけど、

しだいに開発されていまは宅地になっている。

近くの川でカメが甲羅干しをしているのを見かけるのだけど、

古い昔の池の時代には、カエル、ヘビ、カメがけっこういたんだろうなと想像する。






町内の案内で近くの河川の右岸を草刈したききめはあるかどうか。

逆効果だったりして。

このあたりのメインの水系は、重信川でそれに渇水で有名になった石手川が合流しているけど、その合流地点の少し手前で合流しているのが上の写真の小野川。この小野川に流れこむ支流の小さな流れにも白鷺をよくみかけるようになっている。


0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...