2021年1月25日月曜日

アマゾン プライムで Stalking Chernobyl をもう一度くわしく見直している

 この1年くらいの間に原発事故の話しを何度か思い出している。

やっぱり現場に近付いたときの思い出が鮮明だ。

さすがにチェルノブイリには接近したことはないが、隣国でそこの住人のアパートで聞いたときの話が一番衝撃的だった。その国の言葉はわからないのでお互いにトランスレーションをへての会話だったが、自国語で聞いたように鮮明に記憶されている。

プライムでビデオを観て現地語での発音が懐しかった。




私が行ったのは事故から20年あまり経過していたが、会話した相手の記憶はそのときまだ事故を現実として生活のなかで影響を受けていた。

あれからさらに時間はすぎたがあまりかわりはないだろう。

闇でストーキング・ツアーを仲介してる業者もなくなることはないだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...