2021年1月27日水曜日

一万単位の素数の個数を数えてみる

西遊記の影響か!

西方浄土にあるかもしれない数の真理へのあこがれか?

百科事典やお経のように長い詩歌に影響され、

酔狂というにはまだまだ修行が足りず道は程遠いが少しだけ、素数の個数を数えてみる。

ちなみに自然数 n 以下の素数の個数は、π(n) という記法がある。が、ここは単純な表ではじめる。

 1 〜 10000                1229

10001〜20000            1033        -196

20001〜30000             983           -50

30001〜40000             958           -25

40001〜50000             930           -28

50001〜60000             924            -6

60001〜70000             878           -46

このあたりで、数が大きくなれば素数の分布は少なくなるが、少なくなる割合はバラツキがあって単純な法則はないようだが、ともかく素数の個数は減少傾向だと思いそうになる。手計算は難しいので計算機を使えばあっというまにこれの一万倍くらいはできるので、一気にやりそうになるが、ちょっと次を想像してひとやすみ。

素数を眺めて楽しむことにする。


0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...