2021年12月21日火曜日

ソクラテスは、結婚ガチャと言ったのだろうか

 ティマイオスの 18E でソクラテスは、結婚を取り結ぶときのことを述べている。


…… 籤を使うことで、素質が悪い男と善い男が、それぞれ同類の女性とだけ結びつくようにするためだが、誰と誰が結びつくかは運によると考えるので、そのことで、彼らが敵意を持つということはない、と。

                                    『プラトン ティマイオス クリティアス』岸見一郎訳、白澤社発行より



『ティマイオス』は、岩波のプラトン全集12の日本語訳が高価な中古本しかなくぜひ文庫本を出してほしい。英訳もいくつか読みかけたが、やはり日本語の訳がもっとほしい。プラトンの時代のギリシア語を学習する時間がない人のためにもと、素人なりにおもった。

この書き出しはともかく、宇宙論になるとかなり深く、心がひかれる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...