2021年6月28日月曜日

カーエアコンの冷媒問題に自分の車がひっかかってしまった

 車を輸入車の整備工場に持ち込んだのは、空調のチェックのため。

しばらくして、整備士が

「この車なんですが、冷媒に 1234 を使ってるんです。そろそろ、うちも入れないといけないと話していたんですが、今回、間に合わないので、探してみますから、ちょっとお待ちください」

と言う。

整備士・ネット を探して読んでみると、

環境問題と温暖化問題を背景として、自動車の冷媒変遷のことがまとめてあった。


● 自動車エアコン誕生    フロン CFC12

● 1970年代    フロンによるオゾン層破壊問題

● 1980年代後半  フロン禁止、代替フロン HFC134a

しかし、

HFC134a は、温室効果が高い (地球温暖化係数=GWPの数値が高い)

● このためEUは、 HFC134aのかわりに、HFO-1234yfをカーエアコンに採用と決定した。「2013年1月から販売される新型車は GWPが150を超えてはいけない。」

HFC134aは、GWPがほぼ1300、このため新冷媒 HFO-1234yfにかわったという。


問題:HFO-1234yfのGWPはいくら?


0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...