2020年4月21日火曜日

散 策 も 間 をあけて

近くの小野川沿いを歩いていると向こうから歩いてくる人がいる.

新型コロナウイルスさわぎの前は,何も気にせずすれ違ったのに,

いまは向こうから歩いてくる人の様子が気になる.向こうも気にしている雰囲気が伝わってくると,また緊張は高まる.




この写真の道路は,道路ではない.というのも国土交通省の標識があって,河川補修用の通路という位置づけになっているようだ.したがって交通の安全は,通路を利用するものの責任となる旨のことが標識に書かれている.

ときおり車が向かってくることがあるのだが,コロナ騒ぎの前は歩行者はすれ違いの折に道幅が狭く,緊張したが.

今や人間が歩いてきたときのほうが緊張感が高まるようになってしまった.

朝日新聞は,天声人語の文字間隔をひろげて,今日から「天 声 人 語」の見出しになった.

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...