2020年4月14日火曜日

自宅にいると本を買い込み過ぎるが,品切れも少なくないのは仕方ないのか

長期戦にそなえて,じっくり読める本で

哲学書とか数学書とか難解なのではなくて,

小説でありながら何か背景に深い事情がありそうでずっと読まれてきた本.

ということで作家を絞って,日本人とか外国人とかにはこだわらず

その人の名声にもこだわらず何人か選んで読んでるが,

印刷書籍は,品切れになってしまってることが多い.

昔は,中古も海外から取り寄せてたが,このパンデミック感染症の騒ぎでそれは

怖くなってしまい.

どうしても読みたくなりキンドルでも読むことはあるが,

どこの出版社も再版なしのときは,もうなしとあきらめることにした.

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...