2021年5月8日土曜日

酸素がたりなくなっている

 ナショジオのこの記事をみるとリヤカーで大きな酸素ボンベを運ぶインドの風景からはじまっている。

入院して酸素吸入のお世話になったことのある身としては、これは大変なことになりつつある。

医療用酸素を引っ張って歩くことになりかけ、これから先もお世話にならないといけないかもしれないのに。

そういや酸素代金もけっこうお金がかかったなぁ。

ブラジル、ペルー、ナイジェリア、ヨルダン、イタリア他、医療用酸素が不足しているようで、米国でさえ余裕が大都市ではなくなりつつあると記事は書いている。


0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...