2021年5月11日火曜日

予約の電話が混みあっています

 月曜日に予約がはじまって二日目、まだ市役所からのお知らせがくる。

「電話が混み合っています!」

もう、電話の受付はやめることはできないのか。

この市役所の対応では、みんなの気分がよくなるわけではない。

気分転換に一軒ずつワインでもくばったらどうでしょう。

外国産ワクチンのかわりに県産ワインでも。同じ「ワ」だから。


もっと言えば、「24時間受付ている」とか「家族に」とか

このものの言い方では、夜になったら予約、家族がかわりにネット予約とか、

これでは不親切があまりに過ぎませんか。

システムは高齢者向けには作られてないし、

競争原理は早い者勝ちだし、


それこそこのコロナパンデミックが終るまでに何かまた別の問題が露呈しないか気になる。


0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...