2021年5月24日月曜日

Google 地図 の ストリート ビュー で体験するタイムトラベルとゴースト

 あまり普段からストリート ビューを使うことはないのだけど、タイムトラベルができる場所というかストリートが地図上にいくつかあることに気がついた。

この現象を知っている人は、そこそこいるはずだが、知らないと、

あれっ、あれれ?の体験をしてしまう。

それはタイムトラベルのような、ゴーストに出会ったような気分になる。


この現象は、通りによってグーグルの撮影車が通った年月日が違うためにおきる、

周囲の風景が、ある角を通り過ぎると数年前の景色にかわり、

建物がなくなって駐車場になっていたりする。

ある角を、北側から通過する景色と、南側から通過する景色がかわってしまい、

南からその角に侵入すると駐車場なのに、北からその角にはいると建物があり角を通りすぎてふりかえると、建物が消え駐車場になるというような不思議現象がおきる。

その現象が発生する角には、画像として何か建造物の一部がバグって見えたり合成しきれなかったモヤモヤがある。

このゴーストのような画像のパーツがどこに由来するのか気になったがよくわからない。


この現象と事実は、ボーッと地図をながめながらだと無害だけど、

もしもストリートビューをもとに何か運転するのような現実モードのことを計画しているとするならば、

それは止めたほうがいいことになる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...