2020年7月13日月曜日

Ford v Ferrari を見終わった

2時間をはるかに超える長い映画で、映画館ならともかく自分の部屋で観てると一度休憩したくなるし、前半で休憩してしまった。

あまり記憶が正確でないのだが、1966年のルマンでフォードが参戦してしばらく優勝を重ねた。

この映画は、ほぼ史実に基づいたようだが人物の性格などは、ドラマとして盛りあげるために誇張したとこもあるような気がする。

テーマは、レースだけど、内容は、その背景にあるいくつもの物語。友情、愛情、金、カリスマ……

今回の映画は、マスタングのチューナーであったシェルビー・アメリカンの経営者とちょっと癖者だがドライビングと車との対話ではピカイチのドライバー( クリスチャン・ベイルが演じてる)の友情物語。

レース終了後に、オーナーの観覧席にいるエンツォ・フェラーリ と クリスチャン・ベイルがお互いに相手を尊敬しあうような仕草をみせて、ホッとさせる。

やっぱりわかるものにしかわからない、という異端者の気持でしょう。

シェルビーも映画のなかでもフォードから金の話をだされて、かなり圧力をかけられてしまってるが、実際にもあったことなんでしょうね。

ちなみに、私も昔 V8 マスタングに乗っていたことがありましたが、これに助けられたことは何度もあった。おそらく他の車だと、事故にまきこまれたりひどい目にあったでしょう。すごい車だったと思います。

鹿児島からの帰り道で、すさまじいスピードのホンダ・スーパーフォーにぶち抜かれた経験はありますが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

地球規模で増加し、国単位で減少し、地元で減ってゆくのが目にみえるようだ

 地元の回覧板で、このあたりの世帯数が 1033 になったことを知る。 今朝の新聞では、この国でこのところ海外永住者が増加している記事が一面に出ていた。 歴史的にみれば地球規模での人口移動は集落を越え、国境を越えてあったこと。 今さらのことでもなく、寂れてゆくところと繁栄するとこ...